白髪が増える原因のひとつが栄養不足ということはご存知のかたも多いことでしょう。

しかし、どのような食材をどれくらい摂取すればいいのか、はたまた、どのような食材が好ましくないのかをよく理解できている人は少ないものです。

今回は、年齢を重ねるに連れて進行する白髪を改善するための、良い食べ物と悪い食べ物をご紹介したいと思います。

この食材を食べると白髪がなくなるというような、魔法のような効果はありませんが、日々の生活のなかで少しずつ変化が現れてくるであろう食材選びをぜひ理解しておきましょう。

白髪を改善する良い食べ物とは

白髪を改善するに適している栄養素は何と言っても「たんぱく質」です。

具体的な食材としては、鶏肉、手羽先、ささみ、牛肉、豚肉、卵、白身魚などが挙げられます。

いずれも身近な食材ですので、白髪を改善するにあたりたんぱく質は摂取しやすいでしょう。

続いて「ミネラル」の摂取も必要です。

白髪を改善するために良い物として、しじみや納豆、豚レバー、牛乳、ヨーグルト、豆乳、胡麻などです。

白髪を改善する際に、とくに亜鉛やカルシウムなどが多く含まれているものが良い食べ物とされています。

白髪の改善には「ビタミン」の摂取も忘れてはいけません。

とくにビタミンCが含まれている、ほうれん草や青菜、キャベツ、みかん、レモンなどは、黒い髪を生成するメラノサイトの活動をサポートする役割があります。

他にも、ビタミンEが含まれるアーモンドや大豆、ビタミンHのレバーやきな粉なども白髪の改善に良い食べ物とされています。

スポンサードリンク

白髪を改善する際に悪い食べ物とは

決してこれらを食べることで白髪が増えてしまうと言うわけではありませんが、一般的に白髪の改善には好ましくないとされる食べ物もあることを覚えておきましょう。

基本的には脂が多い食べ物は控えたほうがいいでしょう。

とくに、揚げ物や唐揚げ、天ぷらもこれに該当します。

さらに、日常食でもあるラーメンやカレー、ポテトチップスなどのお菓子も白髪の改善には悪い食べ物と考えられています。

意外なところではコーヒーも好ましくないとされています。

なぜなら、コーヒーは白髪の改善に必要な亜鉛の吸収を低下させてしまう働きがあるためです。

コーヒー好きの人は多いと思いますが、亜鉛の吸収に影響があるということを知っておくといいでしょう。

白髪に関してだけではありませんが、ジャンクフードやファストフード全般も白髪の改善には悪い食べ物とされています。

加えて、タバコもよくないためこれらは極力控えたほうがよさそうです。

白髪の改善には良い食べ物と悪い食べ物がある

  • 選ぶ食材によって白髪の改善に向いているもの、向いていないものがある
  • 健康的な食材こそ、白髪の改善に繋がる
  • 健康に悪いとされる食材は白髪の改善にも悪影響がある
  • コーヒーやタバコなどの嗜好品は白髪が増える可能性があることを理解する