白髪の原因は加齢や栄養不足さらには貧血体質など様々ですが、白髪が発生するメカニズムの鍵を握るのが「メラノサイト」と呼ばれる細胞です。

これまでの研究において、白髪が発生する根本的な原因となるのはメラノサイトが本来の働きを失ってメラニン色素を生成できなくなっていることが判明しています。

この研究結果をもとに、メラノサイトを再び活性化させるために、食事療法や白髪用シャンプーを通じた栄養補給などの改善策を取り組まれています。

今回は、白髪発生の鍵を握るメラノサイトについて深く理解できるようご紹介します。

白髪の原因となるメラノサイトの働き

健康的な髪の毛は、髪の毛の生成を司る「毛乳頭」からの指令を受けて、毛乳頭に集まった栄養素を受け取った「毛母細胞」が細胞分裂を繰り返して作られていきます。

さらに「毛母細胞」は、メラノサイトが「チロシン」と呼ばれるアミノ酸と「チロシナーゼ」と呼ばれる酵素を結合させて作られたメラニン色素を受け取り、健康的な黒色の髪の毛が成長していきます。

今回ご紹介するメラノサイトは簡単に言ってしまえば、髪の毛に「色をつける役割」を担っていると言えます。

このメラノサイトが、栄養不足や加齢、ストレスなど様々な原因で正常に働かなくなってしまい「色づけ」できず、髪の毛が成長し、結果的に白髪になるという仕組みです。

スポンサードリンク

メラノサイトが正常な働きが出来なくなる理由

髪の毛に色をつける重要な役割を持っているメラノサイトですが、正常に働かなくなる理由は多岐に渡ります。

ここでは対策が可能な、主な原因をご紹介しますので、心当たりがある方はぜひ改善を心がけてください。

まずは、栄養不足です。

とくに葉酸やビタミンB12が不足しているとメラノサイトは正常に働かなくなります。

この結果、白髪が増えてしまうため葉酸やビタミンB12を摂取してメラノサイトの活性化を図ることが重要です。

喫煙、飲酒、ストレスの溜め込みもメラノサイトの働きに大きな影響を与えます。

タバコはビタミンB12を破壊し、アルコールは分解の際にビタミンCを過剰に消費してしまうため、メラノサイトに栄養を回せなくなるのです。

ストレスを溜め込むことは、睡眠不足を招き、十分な血流を促せずメラノサイトに栄養が届けられない原因になります。

他にも、紫外線は過剰な活性酸素を誘発しメラノサイトを破壊してしまう危険性がありますので注意が必要です。

このように、栄養不足や日々の生活行動そのものがメラノサイトにダメージを与えている可能性があるので、生活スタイルを見直すことでメラノサイトの正常化を手助け出来るとも言えます。

白髪の改善にはメラノサイトを守る必要がある

  • メラノサイトが白髪とどのように関係しているか理解する
  • どのような行動がメラノサイトにダメージを与えているか理解する
  • メラノサイトの活性化に必要な葉酸やビタミンB12を積極的に摂取する