白髪が増えてしまう原因のひとつは栄養不足であることをご存知でしょうか。

いったいどのような栄養が不足していると白髪になってしまうのか、気になる白髪の原因について深く掘り下げてみましょう。

白髪が増えてしまう原因は栄養不足のサイン

歳を重ねるに連れて、年々増えてきて気になってしまう白髪ですが、様々な原因のなかで見逃せないのが栄養不足であることです。

白髪が増えてしまう際に、特に見直したい栄養素が、たんぱく質、ミネラル、ビタミンの3つ。

これらの栄養が不足していると白髪の原因になってしまう可能性があります。

まず、たんぱく質についてですが、人間の体にはたんぱく質は必要不可欠。

臓器や筋肉、血液などを構成するために必須の栄養素です。

そんなたんぱく質は、髪や頭皮の循環にも必要ですが、摂取したたんぱく質は臓器や血液に優先的に使われてしまいます。

そのため、摂取したたんぱく質は人間にとって最も重要な臓器などを構成することに優先して使われてしまい、髪や頭皮は後回しにされがちです。

この循環のせいで、たんぱく質の摂取が少ないと髪や頭皮に使われるべき分が不足し、十分な栄養が行き渡らずに白髪の原因となってしまうのです。

次に、ミネラルの摂取も白髪対策には必須です。特に「亜鉛」は、たんぱく質との合成に必要なミネラルのため、摂取量が少ないと髪の毛の成分となるケラチンが生成されずに、白髪が増えてしまうのです。

さらにヨウ素、鉄分、銅は、髪や頭皮に栄養を送り届ける役目もあるため必要な成分です。

最後に、ビタミンの栄養不足も白髪の原因になります。葉酸とビタミンB12は血液を作り出し、ヘモグロビンの合成に役立ちます。

このヘモグロビンこそが体内に酸素を循環させる役割を持っており、髪や頭皮にも栄養となる酸素を運んでいます。

これが不足してしまうと、髪や頭皮に十分な栄養が届けられずに白髪の原因となってしまうのです。

スポンサードリンク

白髪の原因になるメカニズムを理解しよう

栄養不足が白髪の原因になることが理解できたところで、なぜ白髪が生成されるのかメカニズムを理解しておくといいでしょう。

人間の髪の毛は、毛乳頭細胞周辺にある毛母細胞から生成されます。

この毛乳頭細胞周辺にある毛母細胞へ毛細血管を通じて酸素や栄養素が届けられ、活発に細胞分裂をしながら髪の毛が生えるメカニズムになっています。

このサイクルに栄養不足など何かしらの異常が発生することが、白髪の原因に関係します。

さらに、毛母細胞付近にはメラノサイトと呼ばれる髪の毛に色素を加える細胞があり、そのメラノサイトに栄養が届かなくなると、色素のバランスが崩れて白髪の原因になるとも考えられています。

白髪を防ぐのは栄養不足を防ぐこと

・白髪の原因のひとつは栄養不足ということを理解する

・大豆や卵などのたんぱく質を摂取する

・レバー、ナッツ、胡麻などミネラル豊富な食事を心がける

・貝や魚に含まれるビタミンB12の摂取を意識する

・白髪の原因になるメカニズムを理解する