様々な要因が白髪の原因とされていますが、成長ホルモンも白髪の原因になることをご存知でしたでしょうか。

一般的に成長ホルモンは、幼少期にだけ必要とされるものと考えられがちですが、白髪が気になる年齢になったとしても成長ホルモンは人間によって重要な要素です。

しかも、成長ホルモンは白髪の原因と関係があるとされています。

今回は、白髪の原因となる成長ホルモンについて詳しく見てみましょう。

白髪の原因となる成長ホルモンとは?

成長ホルモンは人間の身長や体重を増やすために有効なものであることには違いありません。

さらに、それは年齢を重ねてきても重要であるということが研究の結果分かっているのです。

その代表格と言えるのが、アンチエイジングや美容効果です。

健康な体や肌を維持するのに効果的なのが成長ホルモンであり、白髪を防ぐためにも有効と考えられています。

成長ホルモンは加齢と比例するかたちで分泌量が減少していきます。20歳を100とした場合、30歳では25、50歳ではなんと12にまで減少してしまいます。

もちろん、生活習慣などの影響もありますが、間違いなく言えることは、加齢と比例して成長ホルモンは減少してしまうということ。

しかも、成長ホルモンの減少が白髪の原因と関係があるのです。

スポンサードリンク

白髪の原因の成長ホルモンを手に入れるには

成長ホルモンの分泌を促すにはいくつかの方法があります。

ひとつは、成長ホルモンを注射によって手に入れること。

この方法は手っ取り早く、一定の効果が見込めると考えられていますが、コストが高いということが難点です。

保険の適応外のため、成長ホルモンの注射を定期的に続ける場合、月額で20万円はかかるとされています。

ふたつめは、十分な睡眠です。

睡眠不足の状態だと成長ホルモンは分泌されません。

若い頃はそれでもいいのですが、ただでさえ分泌量が減少する30歳以降は、睡眠を取らなければより一層成長ホルモンが減ってしまいます。

そのため、十分な睡眠が重要なのです。

最後に、負荷をかけた運動です。

成長ホルモンは体が受けたダメージを修復させようとする時に分泌されます。そのため、負荷をかけた運動をすることによって、あえて成長ホルモンの分泌を促すことが有効なのです。

散歩や軽いジョギングのようなことではなく、トレーニングジムで行うような加圧トレーニングなどが効果的とされています。

他にも断食などが成長ホルモンの分泌に効果的とされていますが、栄養が不足することや他の悪影響が大きいため、おすすめできません。

白髪の原因となる成長ホルモンの分泌を増やすには、断食以外の方法を実践しましょう。

白髪の原因の成長ホルモンはコントロールできる

  • 成長ホルモンは加齢と同時に減少していくことを理解する
  • 成長ホルモンの分泌量は管理できる
  • 基本は十分な睡眠
  • 健康のためにも負荷をかけたトレーニングに挑戦