お肌への影響も懸念される紫外線ですが、実は白髪の原因になることはあまり知られていないようです。

白髪の原因と紫外線がどのように関係しているのか、ご紹介します。

白髪の原因は降り注ぐ紫外線

近年、紫外線による人体への悪影響が取り沙汰されていますが、肌への影響のみならず髪の毛へのダメージも相当なものです。

強い紫外線は、人間の髪の毛の大切な細胞を破壊しています。

なかでも、紫外線を長時間浴びることにより、毛母細胞、メラノサイトが破壊され、白髪の原因となる活性酸素が増加してしまいます。

まず始めに、紫外線は毛母細胞を破壊します。

毛母細胞は人間の髪の毛を作り出す毛乳頭周辺にある髪の毛を生成するために必要不可欠な細胞です。

紫外線はこの毛母細胞にダメージを与えてしまいます。

毛母細胞は細胞分裂する際に、メラノサイトと呼ばれる髪の毛に色素を加える成分と結びつくのですが、長時間に渡って紫外線を浴び続けると、細胞分裂が出来なくなってしまい、結果的に色素を取り込めないまま成長し白髪になってしまいます。

さらに紫外線は、メラノサイトを壊す力も持っています。仮に紫外線を浴び続けるとメラノサイトが壊れてしまい、髪の毛の色素を作るメラニン色素が生成できなくなるのです。

特に夏の海水浴やキャンプなどで、帽子を被らないまま一日中外にいると髪の毛が日焼けして、心なしか茶色に変色してしまうことがありますが、まさにメラノサイトが破壊された証拠です。このような現象が続くと白髪になってしまうのです。

最後に、紫外線は白髪の原因になる活性酸素を増やす働きも持っています。

紫外線を浴び続けると、人間の体は危険信号を発信して活性酸素を多く排出するようになります。

一見、人体にとって良さそうですが、活性酸素が増えてしまうとコラーゲンやチロシナーゼが効率的に働けなくなる弊害があります。

とくにチロシナーゼは、アミノ酸と合成することでメラニン色素を構成するため、黒髪を生成する力がなくなって、白髪の原因になってしまうのです。

スポンサードリンク

紫外線対策は白髪になる原因を防ぐ効果も

紫外線は白髪の原因のひとつになっていることは明らかと言えるでしょう。

お肌だけでなく、髪の毛にもダメージを与える紫外線ですが、お肌同様に紫外線対策をすれば白髪の原因を防ぐことにもなります。

最も簡単で、手っ取り早い方法は、外出時には帽子を着用することでしょう。

とくに6月から10月にかけては紫外線が強く、知らぬ間に白髪の原因を作ってしまうことになりかねません。

外出時には髪の毛を露出しないことで、白髪の予防になります。

ぜひ、お肌同様に白髪予防のためにも対策を心がけてください。

白髪の原因となる紫外線の対策は簡単

  • 外出時は髪の毛の露出を防ぐよう帽子を着用する
  • 紫外線は毛母細胞とメラノサイト破壊することを理解する
  • 活性酸素はメラニン色素の本来の働きを阻害してしまう
  • 髪の毛もお肌と同じように考える